トップページ > 調査の流れ > 調査会社の選び方

調査会社の選び方について

ご依頼者と調査会社の間に、信頼関係なくしては良い結果は生まれません。
ここでは信頼できる調査会社の選び方をご紹介致します。

初めてのお客様へ

探偵・調査会社が行う業務とは、何かしらの情報を収集することにつきます。

その情報をもとに、依頼者の生命や財産を守る手助けとなったり、悩みの元となっていたトラブルを解決する糸口となったり、時には裁判における立派な証拠となります。

お客様がどうしても解決できない問題を抱え、それを警察機関、司法機関が扱う事案でない場合、もしかしたら探偵・調査会社が収集する情報で、解決への道を見出だせるかもしれません。

探偵・調査会社の料金は高く・信用できないと思う方も少なくないと思います。実際に悪徳に該当する探偵・調査会社は存在してトラブルは絶えません。

しかし、探偵・調査業にもその他の業種と同様に契約のルールがあり、正当な金額というのが存在します(ある程度の相場です)。平成19年6月より探偵業法も施行されました。

どうかお一人で悩むことのないよう…まずはわれわれにご相談ください。

ページトップへ戻る

探偵・調査会社とトラブルになる前に

当社には探偵・調査会社とトラブルがあったと相談がよく寄せられます。

よくあるトラブルとして、

  • お金を払ったが調査をしてくれない。
  • 調査依頼後、事態が変わったため中止を申し出たが、違約金を請求された。
  • 調査対象者が別人だった。
  • 調査報告書の写真がない。
  • 調査開始時刻に遅れてきた。

などの調査会社のミスによるものが挙げられます。

それ以外の悪質なトラブルとしては、

  • 調査対象者に接近、金銭を要求した。
  • 不当な金額を次々と請求され、合計1千万円以上支払う羽目になった。
  • 盗聴をした。

などがあります。

いずれにせよ、依頼者もよく見極めて探偵・調査会社を選ぶ必要があります。

ページトップへ戻る

探偵社・興信所の選び方と頼み方

下記内容は弊社著書「探偵社・興信所の選び方と頼み方」より抜粋したものです。

  • 「社員を採用したいが」
  • 「あの会社と取引しても大丈夫か」
  • 「結婚相手の品行を調べてほしい」

などと、調査企業にはいろいろな調査依頼がありますが、いちばん大切な探偵社、興信所の選び方というのは、一般の方にあまり知られていないようです。しかし初めて探偵社を利用する方が、探偵社の良し悪しが分からないのが当然です。

そこで、分かりやすい見分け方は、調査費用が高すぎる探偵社、興信所は敬遠したほうが良い、という結論です。これは、仮に同じレベルの報告書が出来た場合、安いほうが良いに決まっているのは、お客様にも理解できることと思います。

費用が高すぎる理由としては、その探偵社、興信所は、誇大広告が多く、宣伝費を使いすぎるからです。一人を尾行するのに、四人チームで無線機を携帯した車2台、オートバイ1台の「機動隊」まがいの大げさな編成をすれば、費用が高くなるのが当然です。

実態を知らないお客はびっくりして信用してしまいますが、正常な探偵社は一人を尾行するのは一人だけ。一人を尾行するのに四人で尾行するのは「腕が良くないから」と言えます。一方、これとは逆に申込の際、調査費用を「安く言う」探偵社も警戒が必要です。

事件の内容が分からないから、料金の適正な査定が出来ないのか、あるいは、最初から十分な調査をする気も無く、申し込み金だけ貰って、適当な報告書を送りつける探偵社があるからです。それから、事務所外で会いたがる探偵社も危険です。依頼者の秘密を聞くだけ聞いて、申し込み金を貰い、そのまま消えてしまうケースもあります。

事務所の大小は関係ありません。マンション1室の探偵社でも、優秀な探偵社はいっぱいあります。行動調査の費用は、1日分が最低15万円から20万円ぐらいです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Kodama Intelligence Service All Rights Reserved.