トップページ > 企業・個人共通の調査 > 裁判証拠収集

裁判証拠収集

昨今、日本でも訴訟件数は年々増加傾向にあります。民事裁判では当事者による証拠収集が必要です。刑事事件としての立件にも確実な証拠が必要となりますが、その様な訴訟や事件の際に必要な情報は、個人ではなかなか立証するのは難しいものです。

弊社では、経験豊富な調査員が、弁護士に指示を受けた収集作業をご依頼の方に代わって確実に遂行します。裁判の結果は、事前の情報・資料の収集が大きく関わってきます。

裁判前に、証人による証言、各種証拠、ビデオ、写真、報告書など、情報をしっかり収集しておくことが大切です。もちろんご要望があれば弁護士をご紹介させていただきますので、どうすればいいのかわからない方も、お気軽にご相談下さい。

調査例

■民事裁判(民事訴訟)に必要な証拠収集、行為の立証

■損害賠償請求の為の対象者割り出し

■解雇・人事の為の証拠収集

■不正行為・詐欺被害の立証

■嫌がらせ行為・の証拠撮影

■刑事告訴に必要となる証拠調査犯罪被害の立証

■冤罪被害の立証

ページトップへ戻る
Copyright(C) Kodama Intelligence Service All Rights Reserved.